8月23日発行


⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒☆☆
知らなきゃ絶対損する!社労士試験合格の虎の巻 ☆〓しゃろびメルマガ☆〓
2017年8月23日発行 No.21(通算361号)
http://syarobe.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┛ ┛ ┛ ┛ ┛ I N D E X ┛ ┛ ┛ ┛ ┛

▼⇒ホームページ更新情報
▼⇒今年も大当たり!(を狙う)直前対策!
▼⇒コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆
▼【今年も大当たり!(を狙う)直前対策!】

みなさん、こんにちは。一般非常識担当大臣のやぎさんです。
今回からみなさんが心待ちにしてた(と思う)直前対策を本試験直前まで
お届けします。

本試験直前対策も今回でもう13年目ですが、この直前対策をチェックした
から「合格」した昨年の会員の方々からご連絡を頂戴しました。

それは、なんでかというと、ビシバシ!大当たり!
今年も期待がモテますねっ!

そういうわけで、今回は労一からいってみましょう。

■ 労務管理その他の労働に関する一般常識【 ここが出る! 】

<1.有期雇用特別措置法>
次の文中の【 】の部分を適当な語句で埋め、完全な文章とせよ。

 1 この法律は、専門的知識等を有する【 1 】等の能力の維持
   向上及び活用を図ることが当該専門的知識等を有する【 1 】
   等の能力の有効な発揮及び活力ある社会の実現のために
   重要であることに鑑み、専門的知識等を有する【 1 】がその
   有する能力を維持向上することができるようにするなど【 1 】
   の特性に応じた雇用管理に関する特別の措置を講じ、併せ
   て【 2 】の特例を定め、もって【 3 】に資することを目的とする。

 2 この法律において「専門的知識等」とは、専門的な知識、技
   術又は経験であって、高度のものとして【 4 】が定める基準
   に該当するものをいう。

 3 この法律において「【 1 】」とは、事業主と期間の定めのある
   労働契約(以下、「有期労働契約」という。)を締結している
   労働者をいう。

 4 この法律において「【 5 】」とは、次の(1)、(2)のいずれかに該
   当する【 1 】をいう。
   (1) 専門的知識等を有する【 1 】(事業主との間で締結された
     有期労働契約の契約期間に当該事業主から支払われる
     と見込まれる賃金の額を1年間当たりの賃金の額に換算
     した額が【 6 】に限る。)であって、当該専門的知識等を必
     要とする業務(【 7 】を超える一定の期間内に完了するこ
     とが予定されているものに限る。以下、「特定有期業務」
     という。)に就くもの((2)に掲げる【 1 】に該当するものを除
     く。)(以下、「【 10 】」という。)。
   (2) 定年(【 8 】のものに限る。)に達した後引き続いて当該事
     業主(高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第9条第
     2項に規定する【 9 】にその定年後に引き続いて雇用される
     場合にあっては、当該【 9 】。)に雇用される【 1 】(以下、
     「【 11 】」という。)。

 5 事業主は、厚生労働省令で定めるところにより、当該事業主
   が行う【 10 】の特性に応じた雇用管理に関する措置について
   の計画(以下、「第一種計画」という。)を作成し、これを【 4 】
   に提出して、その第一種計画が適当である旨の認定(認定を
   受けた事業主を「第一種認定事業主」という。)を受けることが
   できる。

 6 第一種計画には、次に掲げる事項を記載しなければならない。
   (1) 当該事業主が雇用する【 10 】(以下、「【 12 】」という。)が
     就く特定有期業務の内容並びに【 13 】
   (2) 【 12 】がその職業生活を通じて発揮することができる能力
     の維持向上を自主的に図るための教育訓練を受けるため
     の有給休暇(労働基準法第39条の規定による年次有給休
     暇として与えられるものを除く。)の付与に関する措置その
     他の能力の維持向上を【 14 】に関する措置、その他の当
     該事業主が行う【 12 】の特性に応じた雇用管理に関する
     措置の内容
   (3) その他厚生労働省令で定める事項

 7 事業主は、厚生労働省令で定めるところにより、当該事業主
   が行う【 11 】の特性に応じた雇用管理に関する措置について
   の計画(以下、「第二種計画」という。)を作成し、これを【 4 】
   に提出して、その第二種計画が適当である旨の認定(認定
   を受けた事業主を「第二種認定事業主」という。)を受けるこ
   とができる。

 8 第二種計画には、次に掲げる事項を記載しなければならない。
   (1) 当該事業主が雇用する【 11 】(以下、「【 15 】」という。)に
     対する【 16 】その他の当該事業主が行う【 15 】の特性に
     応じた雇用管理に関する措置の内容
   (2) その他厚生労働省令で定める事項

 9 第一種認定事業主と当該第一種認定事業主が雇用する【 12 】
   との間の有期労働契約に係る労働契約法第18条第1項の規
   定の適用については、同項中「【 7 】」とあるのは、第一種認定
   計画に記載された特定有期業務の開始の日から完了の日ま
   での期間(当該期間が【 17 】を超える場合にあっては、【 17 】)」
   とする。

 10 第二種認定事業主と当該第二種認定事業主が雇用する【 11 】
    との間の有期労働契約に係る労働契約法第18条第1項の規
    定の適用については、【 18 】当該第二種認定事業主に雇用
    されている期間は、同項に規定する【 19 】に算入しない。

【 解 説 】
 有期雇用特別措置法第1条、第2条、第4条、第6条及び第8条から
 の出題です。
 平成25年4月1日に改正施行された労働契約法は、その第18条に
 おいて、無期転換申込権が規定されていました。しかしながら、
 「5年を超える一定の期間内に完了することが予定されている業
 務」に就く高度専門的知識等を有する有期雇用労働者及び定年
 後に有期契約で継続雇用される高齢者を適用除外としておらず、
 労働法に係る専門家から我が国の雇用慣行を無視した改正と
 その当時から揶揄されていました。
 今回の改正は、特措法で一定の適用除外規定を設けることにより、
 無期転換申込権を制限しようとするものです。法改正事項ですの
 で、本試験で問われたときに確実に解答できるよう、チェックして
 おいてください。

【 解 答 】
 1 有期雇用労働者
 2 労働契約法
 3 国民経済の健全な発展
 4 厚生労働大臣
 5 特定有期雇用労働者
 6 厚生労働省令で定める額(1,075万円)以上である者
 7 5年
 8 60歳以上
 9 特殊関係事業主
 10 第一種特定有期雇用労働者
 11 第二種特定有期雇用労働者
 12 計画対象第一種特定有期雇用労働者
 13 開始及び完了の日
 14 自主的に図る機会の付与
 15 計画対象第二種特定有期雇用労働者
 16 配置、職務及び職場環境に関する配慮
 17 10年
 18 定年後引き続いて
 19 通算契約期間

【 参 考 】
 有期労働契約の期間の定めのない労働契約への転換(労働契約法第18条)
 同一の使用者との間で締結された2以上の有期労働契約(契約期
 間の始期の到来前のものを除く。)の契約期間を通算した期間(通
 算契約期間)が5年を超える労働者が、当該使用者に対し、現に締
 結している有期労働契約の契約期間が満了する日までの間に、当
 該満了する日の翌日から労務が提供される期間の定めのない労
 働契約の締結の申込みをしたときは、使用者は当該申込みを承諾
 したものとみなす。この場合において、当該申込みに係る期間の定
 めのない労働契約の内容である労働条件は、現に締結している有
 期労働契約の内容である労働条件(契約期間を除く。)と同一の労
 働条件(当該労働条件(契約期間を除く。)について別段の定めが
 ある部分を除く。)とする。


しゃろび会員(本会員)・本試験直前対策会員専用HPでは、
さらに引き続いて労一の直前対策についてを確認していきます。

会員登録をご希望の方は、トップページの
↓↓↓↓↓↓↓↓「初めて来られたあなた」をクリック!!
↓↓↓↓↓↓↓
http://syarobe.com

◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆
こんにちは。一般非常識担当大臣のやぎさんです。

今日と明日は、一般非常識をメルマガでお送りします。
直前対策会員の募集は終わりましたが、しゃろび本会員は
まだ応募可能です。

受験生時代は、一般常識というより一般「非」常識だと
思って勉強していたことが昨日のように思い返されます。

しかし、合格すれば、来週はビールを堪能できます。
めちゃくちゃ寝て、めちゃくちゃ飲んで、いっぱい家族
サービスができます。

もうちょいです。心配ありません。倒れる直前まで生きてます。


ところで、先月、北海道の礼文島の無料法律相談会に参加
してきました。大阪から26名の法律家が向かいましたが、学生
の頃から単車で北海道を走りたかったので、関西から自走で
いってきました。(帰りはフェリー。)

1日目は盛岡まで走り(意外に近かったです。)、2日目は室蘭
経由札幌まで走り、3日目は、宗谷岬経由礼文島へ上陸し、
4日目は礼文島で法律相談にあたり、5日目はサロマ湖、知床
半島を横切り羅臼まで走り、6日目は襟裳岬へ行き、7日目は
積丹岬へ行き、余市でワインを買って、小樽で観光したのち、
フェリーで舞鶴まで帰ってきました。せっかくなので、フェリーは
スイートにしました。仕事がいっぱいできたし、普通の個室より
も実はお得です。この料金分は、スイートで仕事した時間で十分
ペイできました。舞鶴から関西へは自走で帰ってきました。

北海道一周した総走行距離は約3,800kmでした。
独立してから最大風速で駆け抜けてきましたが、単車で駆け抜
けた長距離旅行は勉強になりました。

みなさん、本試験に受かったら、是非やりたいことをやりましょう!
頑張れ!

─────────────(ノ ̄▽ ̄)ノ 以上、コラム でした。

◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆

今年度は、今までにも増して、さらに充実してお届けする予定です。
乞うご期待ください!

┌──────────────────────┐
ヽ(〃^▽^)ノ♪ 平成28年度本試験に向かって突っ走れ!!
└──────────────────────┘

詳しくは、こちらをご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓
http://syarobe.com
http://www.syarobe.com/omousikomi.htm

◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

知らなきゃ絶対損する!社労士試験合格の虎の巻 ☆〓しゃろびメルマガ☆〓
編集/発行:社労士Beans メルマガインフォメーション

☆社労士ビーンズ
http://syarobe.com

☆しゃろびメルマガのバックナンバー
http://syarobe.com/mail/backnumber.htm

☆配信先アドレスの変更/配信の解除
http://syarobe.com/mail/backnumber.htm

☆お問い合わせの際はサイト内の「お問い合わせ」をご利用下さい
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
Copyright(C) 2017 社労士Beans. All Rights Reserved.