1月26日発行


⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒☆☆
知らなきゃ絶対損する!社労士試験合格の虎の巻 ☆〓しゃろびメルマガ☆〓
2018年1月26日発行 No.4(通算367号)
http://syarobe.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平┃成┃3┃0┃年┃度┃し┃ゃ┃ろ┃び┃会┃員┃募┃集┃中┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
┌───────────────────────────┐
ヽ(〃^▽^)ノ♪ 平成30年度本試験に向かって突っ走れ!!
└───────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛ ┛ ┛ ┛ ┛ I N D E X ┛ ┛ ┛ ┛ ┛

▼⇒ホームページ更新情報
▼⇒しゃろび見落としてはいけない重要判例
▼⇒コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【お知らせ】

平成30年度社労士試験本試験に向けて「しゃろび会員」募集中!

今年度も工夫を凝らして受験生のみなさまをバックアップしていきます。
今後ともよろしくお願いします。

会員のみなさんには、毎年、会員の評判が良かった次のサービスを
お届けします。
1. セキュリティのかかったページがすべて閲覧できます
2. 「しゃろび横断整理」をExcelで保存できるようになります
3. しゃろびMail(番外編)を不定期でお届けします
4. 過去の試験を徹底分析!「ここが出る!本試験直前対策」が閲覧できます

過去の本試験(平成17〜29年)では、「ここが出る!本試験直前対策」で
ズバリ大当たりがたくさん出ました。

会員の方からは、「選択はこれで助かりました!」とか、
「択一の足切りを免れました!」といった声もずいぶん頂戴しています。

しゃろびは、平成30年度もズバリ!大当たりを狙います。

この機会に是非お申込みください。(絶対に損はさせません!)

----------

しゃろび会員お申込時にメールアドレスの入力ミス等により、登録のご連絡
ができない場合がでてきております。できるだけ、連絡先電話番号の入力を
お願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://syarobe.com
http://www.syarobe.com/omousikomi.htm

----------

◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆
▼【ホームページ更新情報】

しゃろびホームページ更新のお知らせです。
----------
1月 5日 「第3回 しゃろびMail」 発行しました。
----------
◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆

▼【しゃろび見落としてはいけない重要判例】

こんにちは。しゃろび落としてはいけない重要判例担当のたかくんです。

最強寒波到来で交通機関はじめいろいろ影響が出ているようですが、
みなさんのところではいかがでしょうか。

寒波は来ても初志貫徹でがんばりましょう。

この新コーナー【しゃろび見落としてはいけない重要判例】では、
本試験の傾向として、判例からの出題が増えてきていることを踏まえ、
過去に出題されたことがある判例や今後出題されそうな判例を選りすぐって
取り上げていくことにします。

今回は、総則関連の重要判例です。
条文と過去の出題例も載せておくので確認してください。

■十和田観光電鉄事件(最高裁第2小法廷判決S38.6.21)

懲戒解雇なるものは、普通解雇と異なり、譴責、減給、降職、出勤停止等
とともに、企業秩序の違反に対し、使用者によって課せられる一種の
制裁罰であると解するのが相当である。

ところで、本件就業規則の前記条項は、従業員が単に公職に就任したため
に懲戒解雇するというのではなくして、使用者の承認を得ないで公職に
就任したために懲戒解雇するという規定ではあるが、それは、公職の就任
を、会社に対する届出事項とするにとどまらず、使用者の承認にかから
しめ、しかもそれに違反した者に対しては制裁罰としての懲戒解雇を
課するものである。

しかし、労働基準法7条が、特に、労働者に対し労働時間中における
公民としての権利の行使および公の職務の執行を保障していることに
かんがみるときは、公職の就任を使用者の承認にかからしめ、
その承認を得ずして公職に就任した者を懲戒解雇に附する旨の前記条項は、
右労働基準法の規定の趣旨に反し、無効のものと解すべきである。

従って、所論のごとく公職に就任することが会社業務の逐行を
著しく阻害する虞れのある場合においても、普通解雇に附するは格別、
同条項を適用して従業員を懲戒解雇に附することは、許されないもの
といわなければならない。

■条文
(公民権行使の保障)
第7条 使用者は、労働者が労働時間中に、選挙権その他公民として
の権利を行使し、又は公の職務を執行するために必要な時間を請求した
場合においては、拒んではならない。但し、権利の行使又は公の職務の
執行に妨げがない限り、請求された時刻を変更することができる。

■過去の出題例
<平成23年 労基問1C>
公職の就任を使用者の承認にかからしめ、その承認を得ずして公職に
就任した者を懲戒解雇に付する旨の就業規則条項は、公民権行使の保障を
定めた労働基準法第7条の趣旨に反し、無効のものと解すべきであると
するのが最高裁判所の判例である。

<解答>


HPでは、他の判例も確認していきます。
↓↓↓↓↓↓↓
http://syarobe.com/hanrei/hanrei-index.htm
◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆
▼【コラム】

みなさん、こんにちは。一般非常識担当大臣のやぎさんです。

新年明けまして、おめでとうございます。
今日はもう1月下旬です。早いですね〜。
本試験まで残り7ヶ月足らず。みなさん、勉強の進度はどうですか?

難関試験ですし、ちょいと勉強する程度では受かりません。
受かりたいと思っているあなたは、相当の犠牲を払って勉強しないと受かり
ませんよ。
ちょいと勉強する程度で受かろうと思っているあなたは、相当運が良くなくて
は数年チャレンジしても受かりません。

本当に受かりたいと切実に思って、きちんとまじめに勉強すれば、スタートラ
インです。そこから毎日毎日必死に勉強すれば、受かる可能性がでてきます。
そんな甘い試験じゃないですよ。

独立開業を目指しているあなたは、本試験に受かって富士山4合目です。
受かっても、何故か必死で試験勉強する人がいますが、受かったら営業一
筋です。干上がる前に顧問先を獲得するのです。でないと終わってしまいま
す。

従って、試験勉強できる幸せなひと時を過ごせるのは今しかありません。
「学生の本分は勉強」とはよく言ったもので、大人が勉強するのも同じです。

独立開業してからは、研究しないといけないですからね。

残り半年、頑張ってください。

─────────────(ノ ̄▽ ̄)ノ 以上、コラムでした。

◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

知らなきゃ絶対損する!社労士試験合格の虎の巻 ☆〓しゃろびメルマガ☆〓
編集/発行:社労士Beans メルマガインフォメーション

☆社労士ビーンズ
http://syarobe.com

☆しゃろびメルマガのバックナンバー
http://syarobe.com/mail/backnumber.htm

☆配信先アドレスの変更/配信の解除
http://syarobe.com/mail/backnumber.htm

☆お問い合わせの際はサイト内の「お問い合わせ」をご利用下さい
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
Copyright(C) 2018 社労士Beans. All Rights Reserved.


← 戻る