5月24日発行


⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒☆☆
知らなきゃ絶対損する!社労士試験合格の虎の巻 ☆〓しゃろびメルマガ☆〓
2019年5月24日発行 No.10(通算396号)
http://syarobe.com
⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒⇒☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

平┃成┃3┃1┃(┃令┃和┃1┃)┃年┃度┃し┃ゃ┃ろ┃び┃会┃員┃募┃集┃中┃!┃
━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
┌─────────────────────────────────┐
ヽ(〃^▽^)ノ♪ いよいよ開講!平成31(令和1)年度本試験に向かって突っ走れ!!
└─────────────────────────────────┘
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┛ ┛ ┛ ┛ ┛ I N D E X ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
▼⇒ホームページ更新情報
▼⇒しゃろび見落としてはいけない重要判例
▼⇒コラム
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼【お知らせ】
平成31(令和1)年度社労士試験本試験に向けて、「しゃろび会員」を募集中!

今年度も工夫を凝らして受験生のみなさまをバックアップしていきます。
今後ともよろしくお願いします。

会員のみなさんには、毎年、会員からの評判が良かった次のサービスを
お届けします。
1. セキュリティのかかったページがすべて閲覧できます
2. 「しゃろび横断整理」をExcelで保存できるようになります
3. しゃろびMail(番外編)を不定期でお届けします
4. 過去の試験を徹底分析!「ここが出る!本試験直前対策」が閲覧できます

過去の本試験(平成17〜30年)では、「ここが出る!本試験直前対策」で
ズバリ大当たりがたくさん出ました。

会員の方からは、「選択はこれで助かりました!」とか、「択一の足切りを
免れました!」といった声もずいぶん頂戴しています。

しゃろびは、平成31(令和1)年度もズバリ!大当たりを狙います。

この機会に是非お申込みください。(絶対に損はさせません!)

----------
しゃろび会員お申込時にメールアドレスの入力ミス等により、登録のご連絡
ができない場合がでてきております。できるだけ、連絡先電話番号の入力を
お願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://syarobe.com
http://www.syarobe.com/omousikomi.htm
----------
平成31(令和1)年度向け会員申込みでお問い合わせを頂いたみなさんへ

早々から多数お問い合わせ頂きましてありがとうございました。
今回、新たに募集を開始します。前年度同様キャンペーン価格を設定しました。
お求め易い価格にしましたので、会員申込みのページからお申込みください。

◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆
▼【ホームページ更新情報】

しゃろびホームページ更新のお知らせです。
----------
5月 4日 「第9回 しゃろびMail」 発行しました。
----------
◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆

▼【しゃろび見落としてはいけない重要判例】

こんにちは。しゃろび落としてはいけない重要判例担当のたかくんです。

令和ブームで多方面での盛り上がりを感じますが、みなさんの直前対策に
も勢いがついていることと思います。

今回は、36協定の範囲内で労働時間を超えて労働をする義務について
示された判例を紹介します。

■日立製作所事件
(最高裁第1小法廷判決H3.11.28)

労働基準法32条の労働時間を延長して労働させることにつき、使用者が
当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合等と書面による協定(い
わゆる36協定)を締結し、これを所轄労働基準監督署長に届け出た場合
において、使用者が当該事業場に適用される就業規則に当該36協定の範
囲内で一定の業務上の事由があれば労働契約に定める労働時間を延長して
労働者を労働させることができる旨定めているときは、当該就業規則の規
定の内容が合理的なものである限り、それが具体的労働契約の内容をなす
から、右就業規則の規定の適用を受ける労働者は、その定めるところに従
い、労働契約に定める労働時間を超えて労働をする義務を負うものと解す
るを相当とする。

■過去の出題例

<平成27年 労基問6ウ>
労働基準法第32条の労働時間を延長して労働させることにつき、使用者
が、当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合等と書面による協定
(いわゆる36協定)を締結し、これを所轄労働基準監督署長に届け出た
場合において、使用者が当該事業場に適用される就業規則に当該36協定
の範囲内で一定の業務上の事由があれば労働契約に定める労働時間を延長
して労働者を労働させることができる旨を定めていたとしても、36協定
は私法上の権利義務を設定する効果を有しないため、当該就業規則の規定
の内容が合理的なものであるか否かにかかわらず、労働者は労働契約に定
める労働時間を超えて労働をする義務を負わないとするのが、最高裁判所
の判例である。

<解答>
×
最高裁判所の判例によれば、使用者が、労働基準法36条所定の書面によ
る協定を締結し、これを所轄労働基準監督署長に届け出た場合において、
当該事業場に適用される就業規則に右協定の範囲内で一定の業務土の事由
があれば労働契約に定める労働時間を延長して時間外労働をさせることが
できる旨を定めているときは、当該就業規則の規定の内容が合理的なもの
である限り、労働者は、その定めるところに従い、労働契約に定める労働
時間を超えて時間外労働をする義務を負うとされる。


HPでは、他の判例も確認していきます。
↓↓↓↓↓↓↓
http://syarobe.com/hanrei/hanrei-index.htm

◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆

▼【コラム】

こんにちは。しゃろび横断整理担当のわ〜さんです。

今年度の社労士試験は、4月15日に受験申し込みが始まり、あと1週間
で受付が終了します。

昨年の受験申込者数は、49,582人と平成22年の70,648人を
ピークに下がり続けています。

また、受験者数についても、平成22年の55,445人をピークに、
昨年は38,427人となっており、昨年の合格率は 6.3%でした。

そうです!
社労士試験って、100人受けて6人程度しか受からない超難関試験
なんですよね。

でも、だからといって、「今年は勉強できてないので無理っ!来年受験
しよう!」と思うのは、ホントもったいない!

「今のままではダメだから申込まない。」ではなく、「これからより
一層頑張るために申込みする。」ということであって欲しいですね。
(申し込まなかったら絶対勉強しなくなりますしね・・。)

中には、社労士試験はマーク式だから「もしかすると合格するかも?」
という淡い期待を持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、
各科目ごとに合格基準があるので、その可能性はほぼないでしょう。


でもまだ時間はあります!まだ追いつけます!今なら大丈夫です!


悔いを残さないよう目一杯頑張ってください!!


─────────────(ノ ̄▽ ̄)ノ 以上、コラム でした。

◆〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜◆

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
知らなきゃ絶対損する!社労士試験合格の虎の巻 ☆〓しゃろびメルマガ☆〓
編集/発行:社労士Beans メルマガインフォメーション

☆社労士ビーンズ
http://syarobe.com

☆しゃろびメルマガのバックナンバー
http://syarobe.com/mail/backnumber.htm

☆配信先アドレスの変更/配信の解除
http://syarobe.com/mail/backnumber.htm

☆お問い合わせの際はサイト内の「お問い合わせ」をご利用下さい
全文、または一部の記事の無断転載および再配布を禁じます。

■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
Copyright(C) 2019 社労士Beans. All Rights Reserved.


← 戻る