今や耳にしない日がないほど、世間の関心を集めている年金!
社労士試験では、
 (選択式) 国民年金、厚生年金とも 全8問中、各1問
 (択一式) 国民年金、厚生年金とも 全70問中、各10問
が本試験で出題されます。
これだけのシェアを占めているので、何とか得意科目にしたいところですが、制度が複雑に入り組ん
でしまっており、一読難解、二読誤解、三読不可解! と揶揄されるほど、受験生泣かせの科目とな
っています。 
そこで、みなさんの理解の援けになるよう【ちょっと深煎り年金】のコーナーを作りました。
「深煎り」は「深入り」とかけたもので、みなさんが使っているテキストの理解を促すため、一歩踏み
込んだところや周辺の事柄、法改正など、知って得する内容にしていきたいと思っています。
受験1年目の人はもちろん、2年目以降の人も知識のブラッシュアップに役に立ててください。


ちょっと深煎り年金
国民年金の位置づけ
国民年金の保険者・被保険者
厚生年金保険の保険者・適用事業所・被保険者
被保険者資格の取得と喪失
厚生年金保険の被保険者期間の計算
基礎年金の財源
保険料の免除・納付猶予
給付の通則